育毛とは

育毛とは

育毛とはごく簡単にいえば、毛髪を健康に育てることになります。それだけではわかりにくいので、もう少し細かく見ていきますと、まず「既存の毛髪を脱毛させない」という部分のケアと、「新しく毛髪を生やす」という部分にわかれます。まず、既存の毛髪が抜けてしまう理由としては「ヘアサイクルの乱れ」「毛根の衰弱」「その他皮膚疾患」という事が考えられます。いずれにしても、何らかの理由で髪の毛を弱らせるような要因が発生し、それが抜け毛を引き起こします。これに対処するにはまず抜け毛を引き起こすような原因を突き止め、解決することが大事な育毛法となります。全体には体の健康を維持することが健康な髪の毛の維持にもつながるのですが、男性型脱毛症・壮年型脱毛症は男性ホルモンを原因としているために、それに合わせた対処が必要となります。
すでに薄毛が進行している状態から、新たに毛髪を生やそうと思えば、まずは薄毛・脱毛を引き起こしている原因を取り除いた上で、発毛を促すような方策を取る必要があります。こうしたケアの類としては、毛根の活動を活性化する物質を含んだ育毛剤や、毛根の栄養を配合した育毛剤などが有効な育毛方法となります。要するに、薄毛が進行した状態から育毛をしようと思うと、既存の毛髪を守るための育毛に加えて、新たに発毛を促す育毛ケアの両方が必要となるのです。
さらに、実際にはこれのどちらとも分類するのが難しい、薄毛が進行しつつある状態で育毛ケアを開始するのが普通ですので、結局は多角的な育毛が求められます。