薄毛・抜け毛の種類

薄毛・抜け毛の種類

薄毛、抜け毛には幾つかの種類が有りますが、その主だった所を挙げていくと、「AGA(男性型脱毛症)」「壮年型脱毛症」「円形脱毛症」という3分類に分かれます。これらの分類は主に、薄毛・抜け毛の進行の外見からされた分類ですが、それぞれに原因とも密接な関係を持っています。
まず「AGA(男性型脱毛症)」は、主に日本人の男性の多く発症し、頭頂部から薄毛や抜け毛が進行するという特徴を持っています。これは男性型脱毛症の原因が男性ホルモンの変化ホルモンに因るものであることが関係しています。男性ホルモンは比較的頭頂部に多く集まる傾向があるため、まず頭頂部から男性型脱毛症の症状が出てくるわけです。
次に「壮年型脱毛症」は、欧米の男性で比較的良く見られる抜け毛症状です。この壮年型脱毛症は、いわゆる「M字ハゲ」「生え際が後退する」と言う形で進行するのが特徴で、頭頂部と前頭部で同時進行していきます。壮年型脱毛症も主な原因は男性ホルモンの作用と考えられており、男性型脱毛症との違いは、主に作用するエリアの違いとして考えられています。どちらの形で発現してくるかは、遺伝的な要素が占める割合が大きいため、自分の親族で年長の男性の毛髪の状態などを参考にするとよいでしょう。
円形脱毛症は、その他の理由で起きてくる脱毛症で、いわゆる「10円ハゲ」と言った具合に不特定の場所が円形に脱毛するのを特徴としています。その原因としては様々考えられており、ストレスが主因だとされていましたが、近年では内分泌異常や自己免疫疾患も関わっているとの見方が強まっているようです。